きょうはどこへ行こうか

ばるすーでGO!

鉄道関連

豊前長洲駅(大分県宇佐市)

大分県日出町の日帰り温泉からの帰り道中、宇佐市内にある日豊本線・豊前長洲駅へと寄り道。こちらは完全な無人駅で、訪問時は利用者を含め誰もおらず。駅前も商店らしきものはまったくなく、しーんと静まり返っています。 駅舎正面と内部 豊前長洲駅は、明…

今津駅(大分県中津市)

日豊本線は、福岡県北九州市にある小倉駅から大分、延岡、宮崎を経由して鹿児島駅までの462キロを結ぶ九州の東側を走る路線。福岡県在住ながらこの路線はほとんど利用したことがなく、私の記憶では下曽根駅(福岡県内)までしか乗車したことがありません。 …

崎山駅(福岡県京都郡みやこ町)

木造駅舎を訪ねる旅、今回は平成筑豊鉄道の駅のひとつ、崎山駅です。もともとは、国鉄田川線の崎山信号場として昭和29年に営業を開始。その2年後の昭和31年には旅客駅へと変更になっています。ホームは2面2線。 駅舎全景。煙突と木枠のガラス窓が時代を感じ…

中泉駅(福岡県直方市)

木造駅舎を巡る旅、今回は福岡県直方市にある中泉駅です。 前身は直方駅と田川伊田駅を結ぶ旧国鉄伊田線の駅で、現在は平成筑豊鉄道の駅として活躍しています。 理髪店さんが入居・営業している珍しい駅舎 開業は1898年(明治31年)。駅舎の財産票を探したの…

採銅所駅(福岡県田川郡香春町)

今回、ご紹介するのは福岡県田川郡にある日田彦山線・採銅所駅です。 駅名(周辺の地名でもある)の由来はそのまんまで、古くから近隣で銅が取れたことによるとのこと。周辺は小さな集落があり、民家もそこそこの数が軒を連ねます。 年末の訪問のため、正月…

呼野駅(北九州市小倉南区)

前回ご紹介した石原町駅のお隣にある呼野駅。木造駅舎のご紹介といいながら、ここに駅舎はありません。正確には、石原町駅と同じタイプの大正4年竣工の木造駅舎が存在したのですが、1990年代に取り壊され現存しません。 ホームの待合場所が駅舎を兼ねている …

石原町駅(北九州市小倉南区)

しばらくぶりの木造駅舎探訪です。今回から数回、福岡県北九州市と大分県日田市を結ぶ路線である日田彦山線の駅舎を巡ります。 まずは、北九州市小倉南区にある石原町駅です。 自動販売機一台と公衆電話ボックスがあるのみ ここからほど近い山から産出される…

JR鳥栖駅(佐賀県鳥栖市)

鳥栖駅は、佐賀県鳥栖市にあるJR鹿児島本線の駅。私の大好物でもあるこちらの木造駅舎は、1903年(明治36年)の建築で現時点で九州最古のものとのこと。福岡県と佐賀県の県境あたりに位置しており、このまま鹿児島本線を南下すれば熊本、鹿児島方面の南九州…

中央軒(佐賀県鳥栖市)

九州にも名物と呼ばれる食べ物がたくさんありますが、そのうちのひとつがこれ。かしわうどんです。 かしわとは鶏肉のことで、一般的な街中のうどん店で提供しているところもありますが、今回は駅ホーム上にあるいわゆる立ち喰いうどん店の中で、特に著名なも…

筑豊本線乗車記(福岡県直方市〜福岡県筑紫野市)

ここは、福岡県直方市にあるJR直方駅。直方市は、かつて筑豊炭田の石炭輸送の中継地点として大いに栄えた街で、駅前では郷土出身の人気力士・魁皇関のどデカい銅像がお出迎えです。 (中段)どでかい魁皇像。2メートル以上ありそう あいにくの雨模様ですが…

油須原駅(ゆすばるえき:福岡県田川郡赤村)

福岡県田川郡赤村に位置する平成筑豊鉄道(旧国鉄田川線)の駅。1895年の開業時からの駅舎が、今も現役で利用されています。とはいえ、完全に当時のまま手付かずというわけでもなく、近年、映画のロケ地として使われたこともあり、古いなりにきれいにされて…