きょうはどこへ行こうか

ばるすーでGO!

豊前長洲駅(大分県宇佐市)

 大分県日出町の日帰り温泉からの帰り道中、宇佐市内にある日豊本線豊前長洲駅へと寄り道。こちらは完全な無人駅で、訪問時は利用者を含め誰もおらず。駅前も商店らしきものはまったくなく、しーんと静まり返っています。

駅舎正面と内部



 豊前長洲駅は、明治44年の路線開業時に建てられたそうで、木造駅舎も当時のもの。残念ながら財産票を見つけることはできませんでした。
 駅舎表側の外壁は白い板が張られており、明らかに改修されていることが分かります。

絵画や写真、書が並ぶ待合室



 中へ入ると待合室はギャラリーになっており、地元の方々によるものと思われる絵画や写真、手作りの民芸品などが飾られ、旅人たちの目を楽しませてくれます。

長大なホームが往時の栄華を偲ばせる



 訪問時は停車する列車はおろか通過列車すらやって来ることはなく、よく晴れた冬の午後の静かな時間が、田舎の古い小さな駅舎を包んでいました。