きょうはどこへ行こうか

ばるすーでGO!

博多だるま総本店(福岡市中央区)

 ばるすー の福岡ラーメン紀行、本日はここ博多だるま総本店です。
 博多だるまといえば、脂ギッシュな「ど豚骨ラーメン」として名を馳せたお店かと思います。実は数年前ですが一度だけ食べたことがあり、そのときの味の印象があまりよろしくなく今回も行くことを躊躇していたんですが、今は自分のブログに感想を書くことができますので県外の方にも見ていただきたく、意を決して突撃した次第です。

 お店はプレハブ製



 お店は、繁華街から外れたちょっとした路地裏のようなところ。訪問はお昼の1時過ぎでしたが空席もちらほら。店内はカウンターとテーブル席が3つ。よく見えませんが、奥にもテーブル席があるようです。
 入ってすぐ右にある券売機でラーメンと半チャーハンセットを購入。お約束のように麺の硬さを聞かれたので、お約束のように「普通」をオーダーです。

また麺の硬さを言わなきゃならんですか 



 目の前にある箸立てには、麺の硬さは「カタ、普通、ヤワから選べる」とあります。別に選ばせなくていいから、一番おいしい状態のものをだしてくれればいいのに。一方で、卓上のメニューには「バリカタ、カタ、フツウ、ヤワ」とあります。一体どっちやねん?


 どっち…?

 どっちや……?

 どっちなんや………?

 

 どうでもいいことに目を据わらせ、一人ブツブツと呪文のようにつぶやいていると、やってまいりましたラーメンと半チャーハンセット。鼻の奥深く突き刺す強烈なとんこつ臭に異世界から引き戻され、ハッと我に帰る私。

こ、これはなかなかのインパクトあるビジュアル



 まずはラーメンから……って、これは…なかなか……。

  キっツい見た目ですね。

 ど・ど・ど豚骨なビジュアル。滅多にお目にかかれないレベルです。


 ちょ…、これ……。

 俺…、食えるのかな……。

 過去に一度食べているとはいえ、相当な不安がよぎります。
 覚悟を決め、なみなみのスープを恐るおそるひとすすり。


 ズ、ズズー。

 

 ア、アレ!?


 見た目かなりアレだけど、飲んでみるとそこまでギトギトじゃない! 
 思ったほどキツくない!

 これなら食える!(そうはいっても、やはり結構濃い)

 表面の泡あわしたところはヤバい感じですが、その下は意外にもドロリとしていない。
 まぁ、ドロリの基準をどこに置くかにもよりますが、少なくともギトギトが苦手な私の基準と過去の印象からはずいぶんと普通な感じです(最初の印象が悪過ぎたかも)。
 ただし、元ダレの味自体は強めでアタック感があります。

もはやお家芸のピンボケ麺リフト



 お次は麺。

 ズル、ズル、ズルー

 やや細めの麺ですが、そこまで細くなく旨味もあります。しかし、量がちと少ない。スープがなみなみと注いであるのは、替玉前提のためなんだと思います。
 具材は、ネギと厚めのチャーシュー2枚のみ。チャーシューは脂身が少ないタイプで、これは好み。

スタンダードな見た目の半チャーハン



 最後は半チャーハン。

 一口目でけっこう塩気を感じます。最初だけかと思いましたが、最後まで塩分強めの印象でした。仕上げは、しっとりとパラリの中間くらい。量は半チャーハンとしては十分。

ラーメン屋の店先にはなぜかいつも自転車が 



 前回、初めて食べたときは私の体調が悪かったんですかね。今回、さほどの悪印象はありませんでした。
 とはいえ、食べている最中から感じていましたが、ひとくちごとに体力を削り取られるラーメンで、食後はなんだか疲れ果ててしまいました。


 ラーメンと半チャーハン食べただけなんですけど。


 お疲れさまごちそうさまでした。



元祖赤のれん節ちゃんラーメン(福岡市中央区)

 博多界隈にあるラーメン屋さんはあまり得意ではない私ですが、本日は所用にてここ福岡市にやってまいりましたので、話のネタに福岡豚骨でもいただいてみようかと思います。
 名前の売れているお店はたくさんありますが、ここでなきゃダメだ! というようなところもないので、きょうはなんとなく繁華街・天神にある節ちゃんラーメンに決定、ずずいと店内へ。

九州一の繁華街・天神のど真ん中。まさに赤のれんな店構え。
そして、ラーメン屋の前にはなぜか自転車が



 お昼時を少し過ぎているせいか、ちらほらと空席が。待つことなく着席します。店内はカウンターとテーブル席。数えていませんが、なかなかの収容量です。メニューを見るとラーメン以外にもチャンポン、焼きそば、ビーフン、中華料理系の定食や一品料理まで、なんとまぁよりどりみどり葉山みどり。

メニューは豊富 



 店員さんにラーメンAランチ(並ラーメン+半炒飯)700円をオーダー、すると「は〜い」と言って厨房にオーダーを通しに戻って行きます。

 

 アレ?

 福岡のとんこつラーメン店なのに、麺の硬さを聞いてこないの?

 うわ、こんなお店あるんか! 知らんかった。


 イイ! ここイイ!

 もう、それだけで気に入った!




 だいたい、いちいち麺の硬さなんぞ聞いてくる必要ないんですよ!

 お店の考えるベストバランスを提供してくれりゃそれでいい! 麺の硬さを客に委ねるということは、自慢の味を自ら放棄しているに等しい行為。それが分かっていないお店が多すぎる! まったくけしからん!

   フゥー、フゥー。

 嬉しさのあまり、少々取り乱してしまいました。


 あ、感動している私の背中の方で「カタメン で!」と言ってる人いましたけどね。

茶褐色のスープにかなりの細麺 



 さて、そんなこんなで待っていると、やってまいりましたよラーメンが。

 ほう、スープの色がずいぶんと茶褐色なんですな。具材はネギ、メンマ、チャーシュー2枚とシンプル。

 では、まずはそのスープから。

 ズーズーズーのズー。

 なるほど、見た目どおりのしょうゆ豚骨系の味で、いわゆる白濁豚骨とはまったく異なります。元ダレのしょうゆの味は強めですが、油がギトギトなわけでもないのでそこまでクドくもありません。

おっさん、コショウ入れ過ぎ 



 お次は固さ指定のない麺をば。

 ズルズルー、ズルズルー。

 少しヤワ目ですね。私はこれくらいで構いませんが、これカタメン教の人は相当に物足りないだろうなぁ。
 ただ、麺自体がかなり細い。私の知る限り、博多で人気があるshinshinラーメンといい勝負で1〜2位を争うレベル。これは残念ながら好みではないです。

 見た目シンプル、味もシンプル



 最後に半炒飯をばいただきます。

 しっとり系でお味も薄味。ラーメンのしょうゆアタックが強いので、これくらいの薄味でちょうどよいですね。ただし、単品でいただくと少々物足りないかも。

食べ進めるとどんぶりの底に赤のれんの文字 



 ど豚骨とは異なるしょうゆ豚骨系のお店として、福岡でも結構珍しいポジションだと思います。いや、それより何より麺の硬さを聞いてこない! もうこれに尽きます! チョベリグ

 ごちそうさまでした。

 

 

ホテルソラージュ大分・日出(大分県速見郡日出町)

 本日は、温泉県とも呼ばれるほど全国でも屈指の温泉地を数多く有する、大分県速見郡日出町にあるホテルソラージュ大分・日出へと一泊でやってまいりました。1月にしては暖かく、雲ひとつない晴天で申し分ありません。

 ホール正面に2023年迎春飾り



 こちらへは、日帰り入浴では結構な頻度でお邪魔していますが、新型コロナだなんだで宿泊は本当に久しぶりです。暇さえあればネットで空き状況をチェックしつつも、このところずっと週末は満室で半ばあきらめていましたが、運よく空きがあり予約した次第です。

 部屋からの眺望。本館の部屋は、多少の角度違いで同じ眺めが楽しめる



 チェックインは予定どおりの午後3時ちょい過ぎ。時間が早いせいか、ほかのお客さんの姿はほとんど見られません。スムーズにチェックインを済ませ、アサインされた部屋へ。こちらのお宿は、全室オーシャンビュー(ただし、中庭に面した眺望の別館がありますので、ご予約の際はご注意を。その分、お安いのですが)。

 地下一階の吹き向けホール


 部屋の大きな窓からは、波穏やかな別府湾を眼前に望みます。本当に素晴らしい景色です。この景色を楽しむために来ているといっても過言ではありません。
 別府湾を望むお宿は別府市内にもありますが、こと眺望に限ればこちらのお宿に軍配が上がります。その大きな理由のひとつに、潮の干潮が織りなす浜辺の表情の移り変わりがあります。満ち潮の時は普通の浜辺の風景ですが、いったん引き潮になると、かくも美しい干潟の表情を見せてくれるのです。このような変化に富んだ海岸線に建つホテルは、他に見たことはありません。

 夕暮れの露天風呂。男女入れ替わりでもう一つの露天は岩風呂


 立地的に夕暮れどきの海岸線は太陽を背にした順光の光、そして朝焼けどきは水平線から登る朝陽を正面に見ることになります。天候に恵まれれば、朝夕ともに素晴らしい景色を堪能することができます。この眺望は部屋からだけでなく、露天風呂からも同じものを楽しめます。お湯は少し茶色がかったナトリウム泉。惜しむらくは、露天風呂のサイズが現状の2倍あればと思うところ。
 この雄大な景色を前に、脚を大きく開き腰に手を当てマッパのまま大海原を望む男の絵ヅラ…といきたいところですが、逮捕案件なのでそれはムリ。

朝焼けの別府湾。遠くに大分市の工業地帯の灯りが見える 



 1989年、公設の保養施設として開館したこのホテルは、年数も経ったとはいえ改修の手も入り、清潔に保たれています。いわゆる高級ホテルではありませんが、コスパもよくお気に入りのお宿です。ぜひまたお邪魔したいと思います。