きょうはどこへ行こうか

ばるすーでGO!

貴龍(北九州市八幡東区)

 普段は内勤の私ですが、きょうは外に出かける仕事があり、その帰り道すがらに少し遅めの昼食です。
 やってまいりましたのは、北九州市八幡東区では行列のできる人気ラーメン店・貴龍(きりゅう)です。お店専用の駐車場はなく、近くのコインパーキングに停めるほかありません。んが、お昼時の店の前には複数の路駐。お店としても近所の手前、困っているんじゃないかしらと心配になります。

青い軒先に緑の暖簾。店内はカウンターのみの極狭



 きょうはツレと二人で来店。店内はカウンター席のみ、詰めれば9〜10人くらいは座れそうです。
 互いにあらかじめ決めていたメニューは、私・ラーメン大盛、ツレ・ラーメン並に小ごはん(この小ごはんの盛りがまたすごい)。ここ貴龍は大盛だけでなく、北九州のラーメンにしては珍しく替玉もあります。

 さて、やってまいりました大盛ラーメン。茶褐色の豚骨スープが実にうまそうです。

ザク切りのネギもまたよし。柔らかチャーシューもうまし 



 では、さっそく。

 ズズー
 うむ、まことにうまい! ガチうま!
 
 スープの加減も非常にいい。

 麺は中太麺でやや硬め。硬さに関しては、残念ながら私の好みからは少し外れます。ツレも同様に硬いと言います。デフォルトで少し硬めの麺あげなのでしょう。ちなみに、彼は私と同等かそれ以上に柔麺派です。
 大盛ラーメンはチャーシュー4枚、きくらげ、ネギというラインナップ。対するツレの並盛はチャーシュー2枚、きくらげ、ネギ。器の大きさとスープの量も、大盛と並盛では若干の違いあり。

麺リフトは相変わらず上達せず。辛子高菜は食べ放題



 イマドキ豚骨*1とは異なる、昔ながらの豚骨ラーメンのスタンダードな味わいです。大盛としての量も十分。
 普通盛を頼んだツレは、迷わず替玉をチョイス。デフォルトが少し硬かったので柔めをオーダーしたところ、彼曰くちょうどよかったとのこと。なお、替玉にはなんとチャーシュー1枚のプレゼント付き。
 
 麺の硬さは、お店側から聞いてくるとき以外はいちいちオーダーしないのが私の流儀なのですが、さて次回はどうしよう……。


*1:黒T、バンダナ、腕組みの三種の神器を持つラーメン店が提供する豚骨ラーメン。脂多めで強目の味であることが多い。麺の硬さを聞いてくるのが特徴